インプラント・入れ歯センター 北海道 名古屋歯科医院 電話番号 0513-245-758 根室市・釧路市でインプラント手術 No.1
ホーム院長メッセージ8つのお約束治療の流れ

院長メッセージ

当院が入れ歯やインプラント治療にこだわる理由

名古屋肇 院長 写真ちょっとショッキングな事実ですが、ほんとうなのです。
入れ歯をつけることによって、歯ぐきは1年で約0.5ミリやせ細っていきます。

10年では約5ミリもやせるなんて、鏡で歯ぐきをみて想像してみると怖いですね。
しかも入れ歯をつけることで歯ぐきだけではなく、バネをかけた健康な歯までダメにしてしまいます。

バネをかけた歯は4年で93%という高確率でむし歯になります。さらに、食事をするたびに、まるで地震のように揺り動かされるので、健康な歯であってもしだいに動いてきて、抜歯しなければならないこともよくあるんです。

このような原因によって、新しい入れ歯を作っても2〜3年で合わなくなってしまいます。 歯を失って、噛むことができないから折角入れ歯を作ったのに、その入れ歯が残っている健康な歯を虫歯にしたり、抜歯の原因になっているなんてやりきませんよね。

しかも、入れ歯そのものがあごの骨をやせ細らせる原因だったなんて、信じたくない事実です。
それでも、入れ歯がなくならないのは手軽な代替の歯として機能と、保険治療が適用されるという料金面があるからです。もっとも、入れ歯に変わるインプラントという技術はありますが、設備や医師の手術力などの問題で、世界的にみると日本では普及がとても遅れています。

現在、医療技術の向上から、歯が健康にとって密接な関係があることが明らかにされてきました。健康的な生活を犠牲にして、歯を手に入れる。そんなゆがんだ歯科治療は当院ではお勧めしておりません。じっくり、カウンセリングをして入れ歯にして良い人、悪い人を判断するとともに、本人の 意思を尊重して治療を行います。これ以上、あなたに入れ歯治療で不自由な思いや、余計な苦労をさせません。これが、私がインプラント治療に力を注いでいる理由です。

 

名古屋肇

 

 


 

全国トップレベルの治療をご提供しています

北海道だけど腕は大丈夫? ご安心ください。全国トップレベルのインプラント治療を提供しています。

「北海道の根室の歯医者なのに本当に大丈夫なの?」と不安になる気持ちわかります。しかし、ご安心ください!

私は、歯科に関するセミナーや全国どこでも出張手術を通して、全国各地で行っている名古屋のセミナー写真インプラントの知識や技術を日本中の歯科医に指導しています。

実は、歯科大学ではインプラントの授業や実習がありません。そのため、インプラントの知識や技術を学ぶには、インプラントメーカーが主催するセミナーに参加するしかないんです。ここでは、模型を使って手術の実習を行うのですが、たった1回の模型実習では、患者様を治療することなんかできません。

私はそんなインプラント経験のない歯科医や、インプラントの手術が難しい症例を持つ歯科医に、出張で代行手術を請け負っています。だからこそ、自信を持ってインプラントで、あなたの人生を明るくすることができるのです。


他院で「あなたにはインプラントは無理です」といわれても対応可能です。

顎の骨がどんな状態でもお任せください!

他の歯科医院が投げ出すような、お口や顎の骨の状態でも、熟練した歯科医にとっては、特別なことではないのです。

歯のレントゲン写真

<インプラントとソケットリフトについて> 

インプラントは「人工歯根」とも呼ばれています。歯根ですから、その周囲にしっかりインプラントを包み込む骨がなければ埋め込むことができません。現在のインプラントテクニックを使えば、例え「骨量が少ないから無理」ということはありません。

骨量が足りないとはどういうことでしょうか。上あごの奥歯の場合、ちょうど頬の内側にあたる部分に上顎洞と呼ばれる大きな空洞があります。上の奥歯を抜くと、この空洞がだんだん大きくなる傾向があります。そうなると、インプラントを埋め込む骨量が足りなくなるのです。この状態で、インプラントを埋め込むには、人工骨で不足している骨を補う「ソケットリフト」という高度なテクニックが必要となります。ソケットリフトはインプラントに熟練した歯科医であれば特別なテクニックではありません。別料金を請求する歯科医院もありますが、当院ではソケットリフトの追加請求はありません。ご安心ください。


ガイドブック無料進呈中


    Copyright (C) 2011 名古屋歯科医院 All Rights Reserved.